Copyright © the RotaryClub of TokyoShibuya all rights reserved.

​Tell:03-5728-1182

​Fax:03-5728-1183

東京渋谷ロータリークラブ事務局: 

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-15-1 ノア道玄坂606

September 17, 2019

February 15, 2019

January 22, 2019

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

第 704回例会 2017.2.19(Mon)

 

 

 

第706回例会 Program

 

開会点鐘
国歌・ロータリーソング斉唱
会長挨拶
出席奨励・ニコニコBOX発表
各委員会からの連絡事項

 


卓話  高濱 賛 様 アメリカ在住ジャーナリスト
演題 『トランプ政権の行方と日米関係』
閉会点鐘

 

 

 

 

 

 

 

以下、前回第704回例会報告

 

 

 

鈴木健嗣会長挨拶

 

 

春の始まりみたいな感じがします。数日暖かくなって、安心すると、また寒くなったりして、寒い時よりも、これからもっと気をつけなきゃと思います。
 今年の観桜会は 3月26日です。あの寒さの中、桜が咲くか不安だったのですが、花のスペシャリスト、北野さんにお伺いしたら間違いないとお答えいただきました。東京あたりは、3月20日頃が開花と言う予報が出ております。26日頃は見頃、咲き頃なのかなと思います。観桜会のご案内も出来上がりましたので、今年は八芳園でございますが、たくさんの皆様に、お越しいただけるよう、お声掛けお願いいたします。 春にふさわしいような、弦楽四重奏です。一度、夜の例会でもやっていただきました。テレビ等にはほとんど出ていませんけど、世界の上位にランクされるレベルだと思います。バイオリンを好きな方も、改めて感動したと言うお声をいただきました。春を非常に楽しんでいただけるような会になるかなと思います。 京都西北ロータリーの方々も、お越しになります。今回、恒例の合同コンペも、やむを得ず、当日となってしまいましたが、行います。ご苦労おかけしますけれども、ぜひご参加お願いいたします。本日はクラブ協議会でございますので、ご協力お願いいたします。
 本日は、教育支援のプロジェクトで大変お世話なっております、東京世田谷ロータリークラブがいらっしゃって下さってます。私どもは、今年はたまたま、幹事クラブとして、アドバイスをいただきながら、大活躍してくださった久野さん、多数の皆様のご協力のおかげで無事に、視察など済ませられました。1回やって終わるイベントではございませんので、課題を残しておりますし、継続してやっていきたいと思います。こういうことを続けていくのが、ロータリークラブなのかなと思っております。


 

 

 

ファンドレイジング委員会 児玉知浩委員

 

3月19日なのですが、急遽、ファンドレイジングを兼ねた夜例会と言うことに致します。会場は、青山でございます。 今年は、多分アーティストが作品を展示していただいて、その販売された金額のうちから、所定の金額を差し引いた分を当クラブを通してファンドレイズします。 今回は、会場でお食事ができると言うことなので、移動例会としましたので、ぜひご参加お願いいたします。力入らず、気楽に、お誘いいただいてお越しくださいませ。皆様、予定がおありだと思うのですが、どうぞ、ご出席をよろしくお願いいたします。ロータリークラブからローゼスに感謝状を明け渡しすると言うイベントもございます。お客様でお見えの方々も、ご出席いただいても構いませんので、よろしくお願いいたします。 

 

 

 

 

 

 

 

東京世田谷RCカンボジア教育支援プロジェクトリーダー 西村弘之様

 

初めは、皆さまのお金だけで、資金を調達いたしましたが、それでも足りなかったので、ファンドレイジングのイベントを開催いたしました。企画を目論んでいたところ、震災が起きまして、会場が一切使えなくなってしまって、また、そのイベントの企画を1からやり直しという、悲惨なスタートから、早8年なのですが、毎年毎年、少しずつ育て、大きく2つのことをやっております。
 1つは、リタイヤした日本の算数、理科の先生に向こうに行ってもらって、教育指導要領を1から作っていただく作業行っております。ご承知のように、カンボジアでは、教師や、文章というか、文字に書かれたものが焼き払われたりいたしまして、内戦の後、残った方は、文字が読めない方ばかりです。とても悲惨な歴史があります。何か1つ作るにも、文字がないと、何も作れません。もちろん、国語とか、音楽も重要なものなのですが、算数と理科は、世界共通のものですから、それを再構築するお手伝いをすることに、たまたまロータリーが巡り会って、一つ一つ、土台を作っていくということが使命だと感じております。
 もう一つは、将来先生になる子たちの、教育の学校に、子供の頃使っていた、三角定規などの教育機材や実験に伴う試薬などを、 18歳、19 歳の若者たちに試してもらうと言うことです。このプロジェクトは、教員の養成学校のやり取りや、ロータリーのこともありまして、毎年、なかなかうまく進まないながら、8年やってきたのですけれども、今年、特に久野さんが担当となっていただきまして、今まで見たことのないすごい結果となりました。端から見ても、こんなにうまくいくはずないのに、とてもスムーズに実行することができました、初めてこんなにうまくいったプロジェクトに仕上げて頂くことができました。
 非常に有効なお金の使い方ができました。いろんな方に喜んでいただきました。国営放送のニュースでも放映されました。そういう意味で、とてもロータリーらしい、歴史の中に残っているであろう、個人ではなしえないような、大きな奉仕活動ができたと思っております。 本当にありがとうございました。また来年度以降も続いていくと思いますのでご支援よろしくお願いいたします。

 

 

 

2/26・27 RID2750地区大会が開催されました。
グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール
ホスト 東京武蔵府中ロータリークラブ
Making a Difference:変化をもたらす

クラブの地区大会実行委員長は、児玉会員。
多田会員の御協力の元、活動内容の写真をデータ化して、サイネージ機器で皆様にご覧いただきました。
 

 

 

 

次回例会予定

 

2018年3月12日 12:30~13:30

場所:セルリアンタワー東急ホテル

卓話 フエルナンダさん 小さな親善大使

 

Please reload

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索