国際奉仕

 2019-20年度 国際奉仕委員会方針

国際奉仕は、他国の人々を助ける活動を通じて彼らの文化、慣習、功績、願い、問題などに対する認識を養い、国際理解、親善、平和を推進するために行う奉仕活動です。奉仕活動の重点目標として、平和の推進、疫病との闘い、水と衛生、母子の健康、育の支援、地元経済の発展、環境保護、ポリオ撲滅が挙げられています。今年度は前年度のプロジェクトを引き継ぐ一方、今後、当クラブが主体となって取り組める独自の国際奉仕活動を見つけるべく模索いたします。

1.カンボジア教育支援プロジェクト

東京世田谷RC が提案したプロジェクトで、今年で10 年目を迎えます。ポルポト政権下でほとんどの教育者が殺害されて教師不足であることに気がついた、当時の駐カンボジア大使、篠原勝弘氏の提唱により、公益財団法人CIESF(シーセフ)が人材育成を目的として行っている事業に、ロータリークラブが支援活動を行っています。例年20 クラブ前後が参加し、規模の大きな国際奉仕プロジェクトとしてロータリークラブ内、及びカンボジア教育省から高い評価を得ています。内容としては、教員養成校に経験豊富な教育アドバイザー(教師経験者)を派遣し、教員養成校の教員に理科と算数の教え方を指導しています。また、日本から必要な教育資材を提供し、派遣された教育アドバイザーが教材を活用して、現地に合った新たな教育開発や製作を行っています。このプロジェクトは、例年、グローバル補助金を活用してプロジェクトを推進してきましたが、2018 年7 月よりグローバル補助金の申請・承認方法が厳格化され、世界的にも承認されるプロジェクトがなくなってしまったという現状の中、本プロジェクトも過去に運営してきた枠組みでの補助金申請が受理されなかったため、次年度は立て直して新たに補助金を獲得できるべく、早期より必須とされている「現地調査」を盛り込んで参ります。渋谷RC は過去に3回プロジェクトの幹事を務めてきた経験を生かして、次年度の幹事となる東京世田谷RC をサポートしながらプロジェクトを進めていく予定です。

 

2.ケニア水支援プロジェクト

今期で6 期目のプロジェクトです。東京広尾RC により提案されました。10 クラブの支援により、合計で13 本の井戸を計画し、すでに多くの井戸が完成しています。探査機を1機購入して提供する計画です。国内政治情勢の変化によってスケジュールが遅れていますが、プロジェクト自体は引き続き継続していきます。


3.当クラブ独自の国際奉仕プロジェクトの模索前年度に引き続き、東京渋谷ロータリークラブ独自の国際奉仕プロジェクトを発掘するために、情報収集を行いたいと思います。プロジェクトを発掘し、立ち上げに向けての準備を行うために予算を活用したいと考えています。

職業・社会奉仕

2019-20年度 職業・社会奉仕委員会方針

地域に密着した社会奉仕活動を通して、クラブの会員全員が奉仕の実感を分かち合えるよう、他の委員会と連携しながら進んで参りたいと考えております。


■職業奉仕
 例会時の「四つのテスト」唱和
「職場見学」の実施

■社会奉仕
1.ガーディアン・エンジェルスへの支援

2.しぶや区民フェスティバル
3.渋谷区主催美化キャンペーンへの参加
4.忠犬ハチ公銅像維持会への参加会費
5.しぶや区民フェスティバル
6.ボッチャボールセット寄贈

青少年奉仕

2019-20年度 青少年奉仕委員会方針

これまで継続してきた青少年育成プログラムを継続する。特に、渋谷・青山学院ローターアクトクラブとの連携を、より強めつつ、活動を支援していく。具体的には:渋谷・青山学院ローターアクトクラブの活動支援。


1.それぞれの例会への訪問・招待
-東京渋谷ロータリークラブの活動への積極参加(アクトの活動を週報に掲載。
-例会で活動報告をする)
-週報の共同編集
2.RYLA への派遣
3.インターンシップへの協力