東京渋谷ロータリークラブ

2022-23年度 会長 比留間 広明

2022-2023 年度活動方針

『明日に向けて、楽しく参加しよう』

ジェファニー・ジョーンズ国際ロータリー会長は、2022-23年度の活動のテーマに、「IMAGINE ROTARY」を掲げ、会員各々に、夢を追い求め、未来を描き、そしてロータリーの活動を通して想像した世界を実現させる責任を求めました。そしてこれを受けて、富澤為一国際ロータリー第2750地区がバナーは、「ロータリーを広げよう」のスローガンを掲げ、まずは、身近な人との話題にロータリー活動を取り入れ、共にできることから取り組むことを求め、またロータリー活動の基本となる例会への参加を通じて語らい、友情を深め、奉仕の実践を実現するとともに、多くの人にロータリーの心を知ってもらい、行動する仲間を増やし、ロータリーを広げる行動を求めました。

そこで、私は、ロータリー活動の基本とされる例会にはじまる諸活動に皆様とともに楽しく参加できる環境の醸成と、活動の基盤である会員の増勢に、皆様とともに取り組み、お一人お一人が、またクラブが、そしてロータリーが、明日の未来にむけて、奉仕の実現に未来に向けて進んでいくことをイメージして、この一年間を務めていきたいと思っています。

東京渋谷ロータリークラブは、創立20年を超えるクラブとして、奉仕活動や親睦などの貴重な歴史を刻んでまいりました、又、女性会員や若い会員が増えつつある当クラブは、RIをはじめとする社会の各レベルが強調するDEIの重要性の観点からも、多様性を少しずつ実現しているものと思います。

皆様の、社会との接点や関りの全てが、ロータリーが目指す職業奉仕の実践そのものであると思います。高潔性と高い倫理に始まる、行動規範を常に念頭に置いて、この一年が、東京渋谷ロータリークラブの未来につなぐ一年となるべく、クラブでまたそれぞれの職場や家庭において活動していきましょう。

 

1、会員増強

当面の達成目標として会員数50名を目指して、皆様とともに努力していきたいと思います。そのため、例会の度に現在の会員数を可視化して皆で共有し、目指すべき達成目標を常に意識するなどの工夫をして、一年間を活動していきたいと思います。

2、広 報

現在、様々な奉仕活動団体等が存在する中、各個人が各々にあった組織団体を模索している人も多くいるものと思います。対外広報として、「渋谷」と「奉仕」のキーワードで、「東京渋谷ロータリークラブ」の関わる社会奉仕がイメージしやすい広報が模索できればと思っています。

3、クラブ管理

ロータリーの活動の櫃として、今まで、コロナ禍で多くの制約を受けてきましたが、今後は原則として、対面による活動を追及して、行ければと思っています。また、例会については、1時間という限られた時間を活用すべく、前半の会食を含む時間に、会員相互の会話や話題の提供の機会をなるべく確保する工夫ができればと思っています。

4、奉 仕

社会奉仕については、日本ガーディアン・エンジェルス活動支援、渋谷区美化キャンペーン、11月の渋谷フェスティバルへの参加によるポリオプラスへの寄付は継続しておおなっていくほか、地区補助金を活用して、渋谷区と連携した事業を実現できればと思っています。また、皆様の様々な社会との関りのなかで、アイデアがあればその都度皆様と積極的に検討実現していきたいと思っております。